FIRE 経済

私がつみたてNISAをお勧めする理由

なぜつみたてNISAをするべきなのか

最近のFIREブームからNISAやiDeCoを始めた人は多いのではないでしょうか。実際、私もその一人で2021年の3月からつみたてNISAを始めました。

 

一般的につみたてNISAを始めるメリットは5つあります。

1. 投資の運用益が非課税である
2. 小額からの運用が可能
3. 投資した額はいつでも現金化可能
4. ドルコスト平均法を利用することができる
5. 投資の知識が無い人でも始めやすい
1. 投資の運用益が非課税である

つみたてNISAは投資で得た運用益、分配金に年間で40万円、20年間は課税させれないという仕組みになっています。通常投資で得た利益に対しては20.315%の税金が課せられます。つみたてNISAではその税金がかかりません。そのため、本来税金で差し引かれる20%分も再投資することができる仕組みになっています。

2. 小額からの運用が可能

つみたてNISAは現在証券会社によっては月100円から始めることができます。初めて投資をする人にとってはとてもハードルが低いですよね!証券口座さえ作ってしまえば後は自動でつみたて可能です。

3. 投資した額はいつでも現金化可能

つみたてNISAはいつでも現金化可能です。つまり、これから株価が下がりそうだなと思ったらその時点で全て現金化することも可能なのです。

4. ドルコスト平均法を利用することができる

ドルコスト平均法は従来の株の買い方。100株からのような株の買い方ではなく、毎月決まった額の株を購入していくという方法です。スタートが100株からですとある程度まとまった額が必要になりますが、ドルコスト平均法ですと月100円から投資することができます。一定額ずつ分けて購入することで、平均買付単価を抑えることができるのです

5. 投資の知識が無い人でも始めやすい

つみたてNISAは投資の知識が無い人にとっても非常に始めやすい”ハコ”のようなものと言えるのではないでしょうか。投資と聞くとどうしても詐欺まがいに思う人やギャンブルというイメージを持つ人も少なからずい流と思います。しかしつみたてNISAは金融庁の管理のもとでの非課税制度であるため、信頼性という点では非常に高いと思われます。

まとめ

以上が私がつみたてNISAを進める理由になります。

現在の超低金利の時代、銀行の普通預金金利は0.001%です。つまり、つみたてNISAの満額月33,333円を20年間預金し続けたとしても金利で得られる金額は元金796.7万円でトータルの金利は20年間で33,716円です。
そしてもし同額をNISAを使い投資を行い、期待利益率6%と平均的なインデックスの利益率で計算したところ運用収益は7,401,289円となります。ほぼ元本と同額です。普通金利との差、約220倍となります。

普通預金(0.001%)
796.7万円→20年後→800万円

つみたてNISA(6%運用利益)
796.7万円→20年後→1,540万円

あくまで期待収益ですので、必ずこの通りにいくという保証はありません。しかし、過去数年をみても6%以上の成績を残しています。
終身雇用の崩壊と言われているこの時代、新たな収入源を確保していくことも必要になるのではないでしょうか。
これを機に皆さんもぜひお金の勉強を始めてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kohroom

新卒1年目 東証1部企業勤務 新入社員目線から簡単にできる生活でのひと工夫や 投資、英語学習について執筆しています。 趣味は旅行、筋トレ、サイクリングです。

-FIRE, 経済

© 2021 Kohroom Powered by AFFINGER5